<

知っててよかった! 風俗小技集!

期間限定、無料レポート配布中!

 

嫌がる風俗嬢をノせるのは

風俗嬢とは言えどやはり、職業人である前に人間です。当然、コンディションによって出来るプレイ、出来ないプレイというのが出てきてしまうのはやむを得ないところです。また、やってやれないことはないけれども、極力避けたいプレイ、というような微妙なラインも存在しています。

 

例えば、新宿 デリヘルを呼んだとします。大枚をはたいて、期待に胸踊らせながら携帯サイトの風俗情報サイトを開きます。口コミなどを参照しつつ、店を選び、ふるえる指で電話番号を押し、しどろもどろにななりながらも店に電話をかけます。自分の好みをなんとか伝え、女の子を注文したとしましょう。

 

そのような思いをしてせっかく呼んだデリヘル嬢が、例えばシャワーすら一緒に浴びてくれなかったとしたらどうでしょうか。それどころか、手こきだけしかせず、ディープキスやフェラをすすんでしてくれない、というようなことがもし起こったらあなたはどう思うでしょうか。

 

しかしこれ、実はよく聞かれることのある事態なのです。言わば「風俗あるある」の世界です。頻繁に風俗店を利用していれば、必ず同じような場面には遭遇します。

 

では、そんな時に、どうしたらプレイの方に誘導したり、嬢をヤル気にさせることができるのでしょうか。

 

ここでは、風俗嬢がプレイを避けた時にどう対応したらいいのか、ということを中心にお話ししていきたいと思います。これはその状況に限らず、嬢をどうノせるか、ということにも繋がる話です。

風俗嬢がプレイを避ける?

風俗失敗談のようなものは、風俗を経験すればするほど、溜まってくるものです。

 

例えばよく聞かれる失敗談としては、フリーで入ったらおばさんが出てきた、というものや、サービス地雷だった、パネマジがひどかった、時短がひどかった、などなどです。

 

こうした露骨なものでなくても、ちょっとした部分での失敗談もあります。

 

あなたが横浜のデリヘルに行って、風俗嬢と一緒にプレイルームに行く、もしくはデリヘルやホテヘルなどであればホテルの部屋に嬢が来たとしましょう。
その時、まあはじめはあいさつなどから入って、ちょっとプレイ前にトークする時間を設けたりしますよね。
まあ何のコミュニケーションもなくプレイに入るよりは、ちょっと話して、どんな喋り方をするのか、ぐらいは知っておくほうが、後々のプレイも親密になるというものです。

 

ですが、やたらと喋りかけてきて、一向にプレイに入らない、という話を、失敗談としてよく聞きます。
これはおしゃべりでプレイ時間をなるべく短くして、自らの負担を減らそうとする風俗嬢の手なのです。
時短と並んで、ヤル気のない嬢がよく使う手ですね。

 

こういう場合は、「そろそろシャワー行こっか」などと切りだすといいでしょう。
これすら避けられた場合は、完全に職場放棄ですから、店に連絡して事情を話し、チェンジしてもらいましょう。

 

そんなことあるのか、と思われるかもしれませんが風俗・デリヘル店でのかしこい遊び方によれば、かなりよく聞くエピソードですから、対処法はしっかり覚えておきましょう。

人気デリヘル

新宿 デリヘル 「アルカディア」
新宿の高級デリバリーヘルス。

新宿 デリヘル 人妻「東急沿線の人妻たち The Woman」
女性店長・女性スタッフが運営・プロデュースする、30歳未満お断りの『大人の男性が安心して遊べるデリヘル。